紙だと侮るなかれ。アニメはこういう風に作られています。PAPAER THEATER ペーパーシアター スタジオジブリ作品 となりのトトロ(野原をおさんぽ)


HOME > 楽しい教材の選び方 > 紙だと侮るなかれ。アニメはこういう風に作られています。PAPAER THEATER ペーパーシアター スタジオジブリ作品 となりのトトロ(野原をおさんぽ)

紙だと侮るなかれ。アニメはこういう風に作られています。PAPAER THEATER ペーパーシアター スタジオジブリ作品 となりのトトロ(野原をおさんぽ)

ジャパニメーションの真髄とは

 

先日、ジブリの高畑勲監督がお亡くなりになりました。

日本アニメ界きっての巨匠の突然の旅立ちに

ショックを禁じえませんでした。

 

ご盟友である宮崎駿監督には、ご自身のお体を気遣い、

長く生きていただきたいと勝手ながら思っております。

 

今回はジブリに関する商品をご紹介させていただきます。

kyouzai-j_ensky-pt-062.jpg

ジブリの不朽の名作「となりのトトロ」のペーパーシアターです。

絵が段々に重ねられていて、立体的に置かれています。

kyouzai-j_ensky-pt-062_1.jpg

 

じつは、実際のアニメーションもこのように作られています。

背景やキャラクターの描かれたセルを分けておいて、

背景は止めておいてキャラクターだけ動かしたり

逆にキャラクターは止め、背景を動かして

キャラクターが動いているように見せたりします。

 

こうすることでセル枚数が節約できたり、

描く枚数を減らせたりするわけです。

 

週刊放送を乗り切るのと、安い制作費をカバーするための苦肉の策が

現在のジャパニメーションを作り上げたわけです。

(現場は大変だそうなので、決していいことではないですが・・・)

 

このキットは組み立ても簡単です。

kyouzai-j_ensky-pt-062_2.jpg

このトトロが上映されたとき、

同時上映だったのが高畑監督の「火垂るの墓」でした。

なので、お二人の中で熾烈なスタッフの奪い合いがあったそうです。

 

その中には若かりし日の庵野秀明さん(エヴァンゲリオン、ジンゴジラ等監督)や

近藤喜文さん(耳をすませば監督)もいたそうです。

両方とも宮崎さんは高畑さんにとられたそうですが・・・(汗)

 

しかし、そんな風にお互い切磋琢磨しながら

様々な作品を作り上げ、歴史を刻んでいったわけです。

 

お互い認め合いながら、クリエイターとして妥協はしない。

 

そんな魂のこもった作品を、ペーパーシアターでどうぞ!

 

  この教材を ヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する

 

     この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

 

 

最新教材記事&動画
教材別作り方特集&動画
お支払いについて

クレジット決済・楽天ID決済・代金引換・銀行振込・楽天銀行決済・楽天Edy決済がご利用いただけます。

商品の返品・交換

返品・交換をご希望の方は、商品到着後3日以内にTELもしくはメールにてご連絡下さい。
なお、お届けした商品が万一ご注文と異なる場合や不良品をお届けした場合に限り承ります。

送料
地域 合計
5,800円未満
合計
5,800円以上
合計
10,000円以上
北海道・
沖縄・離島
1,200円 1,080円 無料
上記以外の地域 590円 無料 無料

代引手数料:
 合計金額30,000円未満:400円(税込)
 合計金額30,000円以上:540円(税込)

学校、施設・団体等で20個以上お買い求めの場合はメールで問い合わせいただくか、
もしくは0879-25-0118(松下)までご連絡ください。電話でのご注文→0879-25-0118 受付時間8:30〜19:00