アニメ作りで大切な設定やキャラ設定。ワーククリエイトシリーズ なにかな?なにかな?(コクヨのえほん)で設定構築能力が鍛えられる?


HOME > 楽しい教材の選び方 > アニメ作りで大切な設定やキャラ設定。ワーククリエイトシリーズ なにかな?なにかな?(コクヨのえほん)で設定構築能力が鍛えられる?

アニメ作りで大切な設定やキャラ設定。ワーククリエイトシリーズ なにかな?なにかな?(コクヨのえほん)で設定構築能力が鍛えられる?

楽しい遊びが仕事になる

 

みなさん、アニメや漫画の仕事で

設定やキャラ設定というのを聞いたことがありますか?

物語の世界観やキャラクターの個性や特性を決める作業です。

 

例えば宇宙を舞台とするという設定

そこから派生して、政治状態はどうなっているのか?

食料はなにをどう確保しているのか?

社会インフラはどう整備されているのかなどを考えます。

 

そういった社会の中で主人公はどういう性格で

なにを考えて生きているのか?

年齢は?性別は?学校に通っているの?社会人なの?

主人公の周りのキャラクターはどんな人たちがいて

どんなふうにストーリー展開していくのか

 

作品がどう転がっていくのかを左右する根幹が

実は設定やキャラ設定なのです。

 

われわれは脚本さえ面白ければ作品は面白くなるんじゃないの?

と思いがちですが、設定が固まっていないと脚本の書きようがないのです。

 

実はこういった能力って小さいころに培われたりするのです。

kyouzai-j_koke-wc19.jpg

 

コクヨのえほんシリーズの「なにかな?なにかな?」というものなのですが

ただ読んでいく絵本ではなくて、作中に色んな未完成の絵が描かれてあって

そこに付属のシールを貼って、自分でキャラクターや世界観を

作っていく仕組みになっています。

kyouzai-j_koke-wc19_4.jpg

 

kyouzai-j_koke-wc19_2.jpg

 

kyouzai-j_koke-wc19_3.jpg

 

既存のものを与えられるより、自分で考えた方が想像力の向上になりますし

なにより楽しいです。

 

みなさん、ピクサー映画の「トイストーリー」という作品をご存知ですか?

おもちゃたちが命を持っているという設定のお話なのですが

一度はみなさんも、実はおもちゃたちは生きていて

自分たちの知らない間に動き回っているんじゃないか?

と想像したことがあると思います。

 

それを作品にしてしまったのがトイストーリーです。

 

また作中に出てくるおもちゃたちの持ち主である

アンディという少年がいますが、

この少年は沢山のおもちゃを並べて、一人で何役も動かし

自分で声もあてて遊んでいます。

 

これなにかというと、映画監督とやっていることはほとんど同じです。

配役を決めて、セリフをあてて、

どこからどう出てきてどう動いてと演出をする。

 

実は子供のころの遊びを突き詰めると、立派な職業になるのです。

 

とくにこれからAI等に仕事を奪われていくであろう時代に

想像力豊かな人材は特に重要です。

 

子どもの遊びは全力でサポートしてあげた方がいいですよ(^^)

 

  この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する

 

   この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

最新教材記事&動画
教材別作り方特集&動画
お支払いについて

クレジット決済・楽天ID決済・代金引換・銀行振込・楽天銀行決済・楽天Edy決済がご利用いただけます。

商品の返品・交換

返品・交換をご希望の方は、商品到着後3日以内にTELもしくはメールにてご連絡下さい。
なお、お届けした商品が万一ご注文と異なる場合や不良品をお届けした場合に限り承ります。

送料
地域 合計
5,800円未満
合計
5,800円以上
合計
10,000円以上
北海道・
沖縄・離島
1,200円 1,080円 無料
上記以外の地域 590円 無料 無料

代引手数料:
 合計金額30,000円未満:400円(税込)
 合計金額30,000円以上:540円(税込)

学校、施設・団体等で20個以上お買い求めの場合はメールで問い合わせいただくか、
もしくは0879-25-0118(松下)までご連絡ください。電話でのご注文→0879-25-0118 受付時間8:30〜19:00