自分で考える力が身に付く自立教材通販サイト。幼児、小学校、中学生などの教育教材、玩具を取り揃え通販しています。


HOME > 楽しい教材の選び方 > 科学工作について

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 

どうして立体に見えるの?

 

 左右それぞれの目が見た映像を、脳が合成して立体に見せています。

 

人間は左右の目で物を見ていますが、それぞれの目の位置は同じではありません。

そのため左右の目で見た映像が微妙に異なっており、これを「視差」と言います。

 

この微妙に違う映像を脳で一つに合成することで、立体感や奥行を感じることができるのです。

 

これを利用して、左右の目に異なる映像を見せることで、逆に平面のものを立体に見せることもできます。

 

3D映画やゲームなどはこの原理を利用しています。

 

3d.jpg

 

 

 この原理を利用した教材【3Dカメラ工作キット】があります。

 

 3Dカメラが自分で作れることも驚きですが、790円という安さにもビックリします。Σ(゚д゚lll)

 

 作ったカメラは、好きな色に着色できるのでオリジナルの3Dカメラが作れます。

 

 3Dってなんだか楽しくないですか?

 

 3Dっていうだけでスゴイ!ヽ〔゚Д゚〕丿と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

 

 3Dカメラ.jpg

 

 

 教材を購入する   他の科学工作教材を見る

 

 

 

  教材自立共和国TOPへ

震災以降注目されているソーラー電池(光電池)

じゃあ、光電池ってどんな電池?

 

化学反応をおこすことなく、光を直接電力に変換するクリーンな電池です。

 

太陽電池とも言います。

ほとんどの電池は物質を化学変化させて放出される電子を電力としますが、光電池は光を吸収すると電子を放出する半導体を利用して発電します。

 

発電時の廃物や排気が無く、燃料も必要ないので環境汚染が非常に少ないクリーンな電池として注目されています。

 

光電池は発電のしくみで蓄電はできないので、蓄電する時は別に蓄電池を用意する必要があります。

 

光電池を利用した代表的な物には、電卓、腕時計、家庭用ソーラーパネル、人工衛星などがあります。

 

 ソーラー電池.jpgのサムネール画像

 

ソーラー電池を利用した様々な教材があります。

 

その中でも“ソーラーカー”は、代表的な教材で、実際に作る子ども達にも喜ばれています。

 

  

ソーラーカー.jpg

 

 

 この教材を見る   理科実験教材を見る 

 

 

 

 

教材自立共和国TOP

音はどうやって伝わるの?

 

 音(振動)が空気の伝わり、振動の波となって耳に届いています。

 

物体の振動が空気に伝わると、振動で押されて気圧の高い所と低い所の差ができます。

その繰り返しが波となって進んでいき、耳に届いて鼓膜を振動させ、音として聞こえます。

音が伝わるには空気が必要なので、宇宙空間などの真空中では離れた所の音はまったく聞こえないのです。

 

《音の発生源》

音が発生する原因にはいくつかの種類があります。

 

1.物体の振動(例:太鼓、木琴、弦楽器)

2.物体の移動(例:風の音、スプレーの音、バットの素振り音)

3.空気の膨張、収縮(例:雷、爆竹、拍手)

音の伝わり.jpg

 

気の振動によって発生する音を集める集音器簡単に作れる教材があります。

 

組み立てるだけのキットです。

 

部品は、イヤホン・マイク・基盤以外は、印刷済の厚紙です。

 

“厚紙”と聞くと『本当に聞こえるの?』と疑問に思うかもしれませんが、

 

これがよく聞こえるんです。

 

作っていろいろな音を探してみるのもおもしろいですよ。

 

 集音器部品.jpg

集音器.jpg

 

この集音器を購入する

 

教材自立共和国TOPへ

体観測はいつごろから始まった? 

 

元前3000年前後のエジプト文明で、すでに行われて 天体観測.jpg

いたと言われています。

 

天体観測の歴史は古く、紀元前3000年前後のエジプト文明ですでに天体観測が行われ、実用的に利用されていたと言われています。 

 

当時の天体観測の成果としては、カレンダーや日時計、それに農耕用の季節カレンダーなどがあります。

 

また、ピラミッドの4辺が正確に東西南北を向いているのも、天体観測の成果だと言われています。

 

その他にも、太陽や星座の方向や角度などを観測することによって、自分の位置を知ることもできました。

 

 

古い歴史ある天体観測に夢を抱く子どもたちも多いのです。

 

そんな子ども達へのレゼントに天体望遠鏡いかがでしょうか?

 

天体望遠鏡といっても手作りの天体望遠鏡なのです。

 

“手作り”と聞くと“おもちゃ”と思われますが、実は本格的で

 

率は100倍なのです、月のクレーター、土星の環などが観察できます。

 

 

 tentai1.jpg

 

 

 tentai2.jpg

 

 プレゼントを見る    他のプレゼントを見る

 

 

教材自立共和国TOPへ

ソーラー電池を使って動く昆虫が作れます。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

動く昆虫とは… バッタです。

 

バッタと聞いて 飛ぶところを想像したと思いますが流石に飛びません。

 

簡単な部品を組み立てるだけなので約20分で作成できます。

 

太陽の強い光だと反応しますが、室内だと白熱電球で10cm程離してテストをしてみてください。

 

動きは、『えっ これバッタ?』と思わせるような動きですが、自分の作ったものが動くという達成感、満足感を味わってください。(^∀^*)

 

ソーラーバッタ.jpg

 

 


play

 

この商品を購入する

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

最新教材記事&動画
教材別作り方特集&動画
お支払いについて

クレジット決済・楽天ID決済・代金引換・銀行振込・楽天銀行決済・楽天Edy決済がご利用いただけます。

楽天ID決済

※楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも 「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。 お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

商品の返品・交換

返品・交換をご希望の方は、商品到着後3日以内にTELもしくはメールにてご連絡下さい。
なお、お届けした商品が万一ご注文と異なる場合や不良品をお届けした場合に限り承ります。

送料
地域 合計
6,000円未満
合計
6,000円以上
北海道・
沖縄・離島
1,300円 1,100円
東北 980円 無料
関東・中部・信越・北陸・東海 860円 無料
近畿・中国・四国・九州 780円
(香川県のみ:650円)
無料

代引手数料:
 合計金額30,000円未満:440円(税込)
 合計金額30,000円以上:550円(税込)

■教材自立共和国では 通常日本郵便ゆうパックにて商品をお届けしております。

■ゆうパック以外の送付 送料負担の軽減の観点より、お届けに 最もよりよい方法をお選びしてお送りします。 お荷物のサイズ・重量・お支払い方法や到着指定日時のないもの等 条件によりますが 追跡可能なメール便(¥250)に変更し お送りさせていただきます。

商品ご注文時に、送料の金額についてはこちらで変更いたします。

学校、施設・団体等で20個以上お買い求めの場合はメールで問い合わせいただくか、
もしくは0879-25-0118(松下)までご連絡ください。電話でのご注文→0879-25-0118 受付時間8:30〜19:00