自分で考える力が身に付く自立教材通販サイト。幼児、小学校、中学生などの教育教材、玩具を取り揃え通販しています。


HOME > 楽しい教材の選び方 > 自立学習について

1 2

覚えるコツは 言葉の意味を知り、情景を浮かべること

気持ちを近づけることが近道

 

覚えなくてはいけないから 覚える。

先生が覚えてこいって宿題に出したから。

それを聞いて そっか〜 ちょっと悲しいなあ。。と感じるとともに

確かに、中学生の時わたしもそうだったかも。。と思いました。

悲しかったのは 本当にゆっくり時間があれば この美しい歌にもっと寄り添えたのになんだかすごくもったいないーと大人になって感じたからです。

さて!百聞は一見にしかず!

(※百聞は一見にしかずとは、百回聞くよりも、たった一度でも自分の目で見たほうが確かだということ。)

それとちょっと同じかも。

文字の連なりを見て いくら言葉にだしても 覚えれないし

知らない事を 色々説明されても なかなかわからないけど

一枚の写真や絵を見ると すべての情景がインプットされて

頭に画像として残るので

こちらの絵を描いてもらいました。(絵:卯月まゆこさん)

haru.jpg

 

春はあけぼの

まずは 春の絵です。

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

現代語文

春は、明け方がいいですね。だんだん白くなっていく山ぎわのあたりが、少しずつ明るくなってきて 紫がかった雲が細くのびてるのが素敵なの。

-----------ここから共感してみる------------------------

そうだよね 分かる分かる(*^_^*)(私なりの感じたことを文章にそってかいてみます)

春のちょっとひんやりした空気を感じながら 朝日が昇る方角の山々をみていると

少しずつ明るくなって 反射した雲が薄紫に細長く流れていくようなゆったりとした時間がなんともいえない 春の一番いいところだよね♪

 

これで 春の文章の意味がズシンと自分に入ってきました。

自分なりの共感ポイントをしっかりインプットして 春の句を受け止めてみましょう。

 

絵を描いてくれた まゆこさんがこんな風に言ってくれました。

絵を描くにあたり、とても勉強になりました。

その時代の女性の着物の形や草木染の色、季節によって違うことなど

知らなかったことがあったそうです。

文章を絵に表現することはとても大変だったと思います。

本当にありがとうございました。

次は 夏の句のブログです。

ご期待下さい(^−^)

 

わくわくする教材がたくさんあります。

ヤフーショップ店 教材自立共和国

楽天市場店 教材自立共和国

教材自立共和国

 

学生さんの必需品!

暗記の友「チェックペン」とセットで持ちたい定規です。 

 

 

マルチチェック定規(16cm)】

MMCH-15.jpg

 

暗記モノのテストの時にはずいぶんお世話になりました、チェックペン!

赤色のペンで覚えたい文字をなぞっておき、緑色の下敷きを重ねるとその部分だけ隠れるので繰り返し読み返して暗記するのに便利でした。

 

私の学生時代には、赤ペンしかありませんでしたが、今は赤ペンと緑のペンの2色があり、塗り分けて勉強できるようになっています。

赤ペンしかなかったときは、必要だと思うところを全部同じ赤色で塗るため、緑色のシートを重ねると、読める部分が少なくなりすぎて何が何だかわからなくなる。ということもありました。

 

例えば、私の場合

1936年2.26事件が起こった」

の文章の下線部分に赤ぺんを入れたくなるので、そうなると

「     に      が起こった」

 

ちょっとわからな過ぎですね・・・

まぁ、私のペン入れが悪いわけですが。

これが、今や、年号は緑色で、出来事の方は赤色でと使い分けをすることができるようになっています。

さらに、このマルチチェック定規を使えば、1行ずつチェックすることができるのでさらに便利なのです。

MMCH-15-2.jpg

 
赤色のマーカーには定規の緑色の部分を、緑色のマーカーには赤の部分をご使用ください。
エクセル表や辞書の行読取りに便利です。

 

定規としてもとても使いやすく、ゼロスタート目盛の為、高さ深さ、奥行きが測れます。
高硬度で丈夫なメタクリル樹脂製。耐久性にも優れています。

16cm定規ですので、ペンケースにも収まりやすいサイズになっています。

 

 

【内容】
●材質:アクリル樹脂
●本体サイズ:160×34×1.5mm

 

【マルチチェック定規(16cm)】

 

 

この教材を購入する   他の定規を見る

 

教材自立共和国TOPへ

 

教材自立共和国ヤフーショップへ

 

楽天 教材自立共和国はこちらです

 

夏休みに苦労する読書感想文

人に伝わる文章を書く練習をしてみよう♪ 

 

【作文帳】

sakubun1.jpg

 

今年もとうとう この季節がやってきました!

「やってきた」というよりは、「やってきてしまった・・・」という気持ちです。

そう、作文の季節です。

 

作文。

曲者です。

ものすごく、曲者です。

私は大人です。

が、作文・・・

毎年の課題です。

 

私たちは、「ことばの学校」という”国語”の教室を開校しています。

いつもは読書を通して、知っている言葉の数を増やしていく、早く読めて早く理解できるようにすることを目的とした教室ですが、夏休みの時期は作文のお手伝いもしています。

というわけで、大人ですが毎年 作文と戦っているわけです。

私の宿題ではないです。

子どもたちの宿題です。

が、現実的には私たちの宿題でもあり、作文と戦っているのです。

 

と、こういう書き方をするのも、子どもたちの「作文力」にかなり手こずるからなのです。

あらすじばかり書いてしまう。という問題ではありません。

まったく筆が進まないという問題です。

どんなお話だったのかを口頭で問い、口頭で答えてもらおうとしてもそれさえも答えられないという問題です。

2回、3回と本を読んでもらった後で質問をするのですが、答えは返ってきません。

 

そして、作文が苦手な子に、日記を書いてもらうと・・・

書けません。

今は夏休みでも毎日 日記を書かせない学校が多く、日々あった事実を書くということの練習もできていない状況です。

それで文章力がつくはずもありません。

そこへきて「夏休みの作文 3枚」とか「5枚」とか・・・

書けますかね!?

学校の先生に愚痴りたい気分です。

 

まずは書く練習です。

sakubun2.jpg

 

日頃から、日常の出来事をよく観察し、それを文章にする。

おもしろい夢を見たら、そのことについて書く。

何か楽しいことを思いついたら思うがままに書いてみる。

読み返してみて、わかりやすい文章になっているか確認をする。

 

訓練が必要です。

夏休みにいきなりやってできるものではありません。

ましてや最近では、小学校1年生の子に作文を書かせる学校があります。

ちゃんと授業中に「作文の書き方」を教えてあげたのでしょうか?

 

何を書けばいいのか悩み、何回も本を読み返し、何日も書く内容を考え、実際に書いてみては読み返し、書いては読み返し。そして清書。

何日も大変な思いをしている子供たちに少しでも早く書ける力をつけてもらいたいのです。

大人が書く内容を言うのでは意味がありません。

本人の練習次第です。 

sakubun3.jpgsakubun4.jpg

 

常日頃、文章を書く練習をさせてあげてください。

絶対に子供たちのためになります。

いい習慣をつけてあげましょう。

 

<ムーミン柄 作文帳 商品詳細>
規格・・・・・セミB5 学用3号 179×252mm  
罫内容・・・・ 11mmマス 20×10
枚数・・・・・30枚
綴じ・・・・・糸綴じ
適用学年・・・小学 3年〜小学 6年生 

 

<ペンギン柄 作文 商品詳細>
規格・・・・・B5(W252×H179 )
罫内容・・・200字詰(10×20) 罫刷り色(茶色) 
枚数・・・・・30枚
綴じ・・・・・糸綴じ
適用学年・・小学3年生、小学4年生、小学5年生、小学6年生

 

この教材を購入する   ほかの学習帳を見る

 

教材自立共和国TOPへ

 

教材自立共和国ヤフーショップへ

 

楽天 教材自立共和国へ

 

作成用紙 〜らくらく編〜

 

自分で新しく何かを発見した時や

伝えたいと思ったことを 

新聞に書いてみませんか?

 

sinn-4.jpg

 

パソコンのサイトにはブログやツイッター フェイスブックなど

様々な情報が毎日毎日 数えきれないほど 発信されています。

ニュースも今や インターネットを見ると すぐに情報として

見ることができるようになりました。

逆に 新聞を見る、読むといったことが少なくなりました。 

 

 

sinn-6.jpg

 

 新聞づくりをすることで養われること

★記事を決めるために 世の中のことや身のまわりのことに関心をもつ

★記事が決まったら ひとつのテーマに対して 深く調べるため集中力をもつ

★取材をする場合は 内容を事前に整理することが必要な為 準備をすることを学ぶ

★正しく伝えるために 聞き漏らさずメモをしっかりとることを学ぶ

★記事を正確に伝える為短くまとまりのある文章づくり

「だれが」「いつ」「どこで」「何を」「どのように」「どうして」 5W1Hを使う

★丁寧に文字を書く(読みやすく丁寧に書くこと)

★公平にものを見て書く

大げさに書いたり、ウソを書いてはいけない

★読ませる工夫をする

sinn-5.jpg

 

書き方がわからなくても 順番通りに書いていくだけで

しんぶんになります。

よこレイアウトにも たてレイアウトにも対応しています。

しんぶん名 大見出し 作者名をいれましょう。

写真や絵をかいたら

400文字の文章を書きます。

制限文字数が決まっているので 文章をまとめるトレーニングになります。

短くても わかりやすい文章にする練習ができるということです。

 

sinn-2.jpg

 自分が新しく発見したことや

おもしろかったことを 誰かに伝えるつもりで書きましょう。

うまく伝わったら うれしいですよね。

 

 

sinn-1.jpg

 

この教材を購入する  他のこくご教材を見る

 

教材自立共和国TOPへ

 

教材自立共和国ヤフーショップはこちらです

 

楽天 教材自立共和国へ

 

言われた通りにやるだけの勉強は身につきません。

勉強する意味を考える子供たちになってほしい! 

 

【家庭学習ノート】

「全国学力テスト」。

文部科学省が、小学6年と中学3年の全員を対象に、4月に実施する全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)です。

4年連続No.1になっている県がどこかご存知ですか?

それは、秋田県です。

 

そんな、全国学力テスト4年連続No.1の秋田県の協力を得て開発されたのが「家庭学習ノート」です。

 

LGA10Y-1.jpg

 

毎ページに「めあて」と「ふりかえり」を書く欄があり、習慣的にそれらを書き入れることで学力の向上に重要な「自分で考える力」が育ちます。

自主学習にぴったりのノートになっています。

01_img01.gif

 

 

 気になるのは秋田県ではどういう授業をしているのだろう?ということです。

秋田県も大昔から結果が良かったのではないようです。

今から50年ほど前の1960年代は、47都道府県中40位台と低迷していたそうです。

結果に危機感を覚え、保護者をはじめ多くの県民の協力を得て、大胆で積極的な教育改革が始まったということです。

 

 

代表的なものとして、


◆少人数学習推進事業
全国に先駆けて実施され、秋田県の教育の要といえるものです。

1クラスの人数を従来の40人程度から30人程度へとの少なくする「少人数学級」と、20人程度の学習集団による「少人数授業」の2本柱で、子どもの個性を生かしたきめ細かな指導ができる学習環境を整えてきました。



◆県独自の学習状況調査
平成14年からは、小学校4年生から中学校2年生までの全員を対象に、県が独自に学習状況調査を実施しています。



◆算数(数学)学力向上推進事業
学年が上がるにつれ苦手な子が多くなりがちな算数・数学について、県の専門チームが各校を訪問して手厚い指導を行っています。

また、Webを利用した学力向上支援ページを開設。全県の生徒に同じ単元別評価問題にチャレンジさせることで、問題ごと・単元ごとの学習課題の詳細な分析が可能になり、生徒一人一人に合わせた個別指導に役立てているそうです。

 

なんだか子供が生まれたら、秋田県に住みたいです。

単純ですいません。

 

ですが、簡単に引っ越すことは無理でも、このノートを買うぐらいならできます。

 

LGA-1.jpg

LGA.jpg

 

 

実際、子供たちと接していると、「言われるがままやっている」「やらされている」「なんのためにしているのか考えていない」ことに愕然とすることが多々あります。

自分のことなのに、無関心。

先日、翌日から修学旅行に行く中学生に「どういうところを見に行くの?」と聞いたところ、「長崎」。

返ってきた答えがそれだけ。

長崎のどこにいくの?と聞いても答えられず、熊本はいかないの?と聞いても答えられず・・・

 

言われるがままの姿勢では、何も身につきません。

大人は考える力をつける手助けをすることが大切ですね。

 

家庭学習ノートは、小学校1年生用、2年正用、3年正用、4年正用、5・6年正用とあり、習熟度にあわせてマス目の大きさや罫線などに工夫をもたらせた5種類となっています。

子供たちのやる気を自然にナビゲートするノートです。

 

自分で考える子供たちのサポーターとなるノートの誕生です。

 

 

<商品詳細>
『家庭学習ノート』
規格・・・・・B5(H252×W179 )
罫内容・・・無地 
枚数・・・・・30枚
綴じ・・・・・糸綴じ
 

【家庭学習ノート】

 

この教材を購入する   ほかの学習帳をみる

 

教材自立共和国TOPへ

 

教材自立共和国ヤフーショップへ

 

楽天 教材自立共和国へ

1 2

最新教材記事&動画
教材別作り方特集&動画
お支払いについて

クレジット決済・楽天ID決済・代金引換・銀行振込・楽天銀行決済・楽天Edy決済がご利用いただけます。

商品の返品・交換

返品・交換をご希望の方は、商品到着後3日以内にTELもしくはメールにてご連絡下さい。
なお、お届けした商品が万一ご注文と異なる場合や不良品をお届けした場合に限り承ります。

送料
地域 合計
5,800円未満
合計
5,800円以上
合計
10,000円以上
北海道・
沖縄・離島
1,200円 1,080円 無料
上記以外の地域 590円 無料 無料

代引手数料:
 合計金額30,000円未満:400円(税込)
 合計金額30,000円以上:540円(税込)

学校、施設・団体等で20個以上お買い求めの場合はメールで問い合わせいただくか、
もしくは0879-25-0118(松下)までご連絡ください。電話でのご注文→0879-25-0118 受付時間8:30〜19:00