自分で考える力が身に付く自立教材通販サイト。幼児、小学校、中学生などの教育教材、玩具を取り揃え通販しています。


HOME > 楽しい教材の選び方 > 幼児教材について

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

苦手意識が芽生える前に

 

近年、日本では英語の重要性が説かれています。

それは日本が向こう数十年は少子高齢化が止まらず

人口減少も続いていくだろうと言われているからです。

 

人口が減っていくということは、労働者が減っていくということでもありますし

同時に消費者が減るということでもあります。

 

仕事がうまく進まずに、さらにせっかく作った商品やサービスも

買ってくれる人がいないと経済は逼迫していくわけです。

人口減少というのは、日本が直面している大問題ということです。

 

その対策として、インバウンドや移民の受け入れが提案されています。

インバウンドで海外からお客さんを呼ぶということは

沢山の外国人観光客が日本に来るということです。

 

そうなった時に英語をしゃべれるのは

観光関係の人だけでいいかと言えばそんなことはありません。

外国の方はホテルや観光地のほかに、普通に街を歩きます。

電車やバスやお店を使います。

 

そんなとき、外国人の方が一般の日本人に何か質問をしてくることは

十分に考えられます。

 

日本には英語で書かれた看板や標識があちこちにありますが

英語ネイティブの人から見ると、

かなりヘンテコな英語で書かれているものも多いらしく

まったくもって不十分なのだそうです。

 

というか考えてみてください。

日本人が国内旅行で見知らぬ土地へ行った時、

看板に書かれてあることだけを頼りに行動できるでしょうか?

 

日本人が日本語で書かれた看板を見ても、

見知らぬ土地だと困ることがありますよね?

じゃあ外国人がヘンテコ英語で書かれた看板だけで何とかしろと言われたら・・?

とんでもない難題をふっかけていることになります。

 

ある程度の英語をしゃべる力が、一般の人にも求められてくるわけです。

では移民対策についてはどうでしょうか?

 

労働力等の不足で、

移民受け入れもやむなしと思っている日本人もいると思いますが、

できれば優秀な人に来てほしいと思っていますよね?

 

生活レベルギリギリの人がきたら、犯罪の温床になるのではないかと

ステレオタイプの不安を掲げる人もいます。

 

しかしそういったことを抜きにしても、日本経済の発展を考えたら

優秀な人材に来てほしいことは事実です。

 

ではグローバルに優秀な方が、英語をしゃべれる人がほとんどいない

この日本という国に来てくれるでしょうか?

答えは残念ながら否です。

 

数十年前のジャパンアズナンバーワンと言われた時代ならいざ知らず

現在の日本は言い方は悪いですが落ち目の国です。

そこに加えて、日本語は世界トップレベルに難解な言語と言われています。

しかも日本でしか使えないという激烈なまでのニッチぶりです。

 

落ち目の国に、世界トップレベルの難解さとニッチさを持つ言語を覚えてまで

優秀な人材が来てくれるでしょうか?

ね?否でしょう?

 

日本よりずっとブイブイ言わせている国は沢山あって

そしてそういった国は基本的に英語が通じる国です。

そりゃあ日本よりそっちを選ぶはずです。

 

優秀な人材に来て欲しけりゃ、そういう環境を整えておけよって話です。

 

「でも翻訳アプリとかがあるからいいんじゃないの?」と思うかも知れません。

確かに便利ですが、けっこう困ったところもあります。

 

まず、いまだに正確な翻訳ができないというところ。

スラングとかを使われると、細かなニュアンスが伝わらなかったりします。

 

そしてなんといっても、レスポンスの悪さです。

一回一回翻訳機を通していると、会話のテンポが悪くなります。

会話というのは内容はもちろんなのですが、テンポが同じくらい大事なのです。

 

翻訳機を介さないとコミュニケーションが取れない相手とは

仲良くなることは難しいです。

ドラえもんの翻訳こんにゃくレベルのアイテムが出てこない限りは

外国語がしゃべれるアドバンテージは強いままだと思います。

 

日本人が英語が苦手なのは使う機会が少ないからですね。

子供の頃から触れていれば苦手意識も軽減されるはずです。

kyouzai-j_ae079001.jpg

 

幼児向けの英単語を覚えるための教材なのですが、

英語を知らないなら、小学生とかに使っても全然ありだと思います。

 

英語の基本は単語を覚えることです。

単語を並べれば何とかなるよといわれますが、

そもそも単語をそんなに覚えてないんだという方も多いと思います。

 

まずこういったもので、身近な単語を子供の頃から覚えておくとよいでしょう。

kyouzai-j_ae079001_1.jpg

 

日本人は英語より先にローマ字を覚えてしまうので

どうしてもローマ字発音になりがちなのですが

先に少しでいいので英語に触れて、英語の発音のパターンを覚えておくと

学校で英語を習った時にも発音にビックリしないはずです。

 

英語ネイティブの人も、初めて見る英単語は

自分の知っている単語の読み方のパターンに照らし合わせて

読み方を予測するようです。

 

単語さえ並べられたら本当に何とかなります。

正しい文法で並べていなくても伝わるのです。

 

日本語でもそうですよね?

〇笋郎鯑、先生に褒められてとてもうれしかったです。

➁褒められたんだよね私、先生に昨日。嬉しかっためっちゃ。

ね?どっちでも通じますよね?

どちらかというと日常会話では、➁のしゃべり方をしてる人も多いのでは?

 

単語を並べらるようになってから正しい文法を習っても大丈夫です。

ただし単語だけを並べる場合、発音には注意しましょう。

文法ができていると、多少発音がまずくても汲み取ってくれるみたいですが

単語だけを並べる場合、発音が悪いと全くもって伝わらなくなります。

 

いまはYoutubeやTikTokなどで

英語の発音を紹介してくれているチャンネルもあるので、

そういったものを参考にしてみてください。

 

さらにそういったチャンネルでは、

ネイティブが使う文法も教えてくれたりするので

学校の勉強とうまく混ぜ合わせながら勉強していくといいと思います。

 

さらに英語を覚えるメリットとしては、

プログラミングの理解に役立つということです。

 

プログラミングは英語で書くのが一般的です。

英語を覚えておくと、コーディングに使う単語や

並べ方の意味が分かりやすくなります。

 

なににつけても英語に苦手意識を持たないようにするのが一番なので

こういった教材やSNSで楽しく勉強していきましょう♪

 

 

この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する
 
この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する


この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

 

絵本で食育の基礎を

 

お子さんは、お家の人が作ってくれるお弁当が大好きです。

幼稚園や小学校で、普段は給食を食べていても

お弁当の日はテンションが上がっているはずです。

 

お家の人は自分の好みを分かってくれていて

たいてい好きなものばかりが入っているので、嬉しくてしょうがないわけです。

 

そのお弁当を自分で作れるとなったらどうでしょうか?

ママやパパが作ってくれるお弁当はもちろん大好きだけど

自分で好きなものが作れるとなったら、より楽しいかもしれないです。

 

さすがに小さな子に料理は難しいですよね。

教育として小さな頃から教えているご家庭もあるかもしれませんが、

ほとんどのご家庭は、小さなお子さんに

包丁や火を使わせるのはためらいがあるはずです。 

 

危ないことをさせずにお弁当作りを体験できるのがこちら

kyouzai-j_koke-wc36.jpg

 

コクヨさんが出しているワーククリエイトシリーズの

「おべんとうブック」です。

 

基本的には絵本なのですが・・・

 kyouzai-j_koke-wc36_1.jpg

 

シールを貼って遊べる、参加型の絵本になっています。

kyouzai-j_koke-wc36_2.jpg

 

kyouzai-j_koke-wc36_3.jpg

登場する動物さんたちのお弁当を考えて、シールで盛り付けていきます。

 

パンダさんはこういうのを食べそうだな

ライオンさんは野菜もちゃんと食べなくちゃねなど

ご家族で一緒に遊ぶのもいいと思います。

 

最初は好きなおかずばかりを入れていた子も

だんだん彩を気にするようになったり、栄養バランスを考えるようになると

将来家庭科の授業や、お家で料理の手伝いをする時にも役に立ちます。

作る側の苦労も多少なりとも分かってくれるでしょう。

 

食事は生活の基本ですので、小さなうちから体感しておくことは大事です。

絵本なら安心して使えますね(^^)

 

この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する

 

この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

幼い頃からの習慣が大事

 

日本人は英語が苦手です。

文法のつくり方が日本語とは違いますし、

単語もたくさんあって覚えられません。

 

日本の学校で教えてもらえる英語と

ネイティブの人が日常的に使う英語は違うと言われると

余計やる気がなくなってしまいます。

 

しかし、英語ができる人が言うには中学までで習う英語で

日常会話は十分にできるそうです。

 

流暢な会話は無理ですが、明らかに英語圏の人間ではないと分かった場合

向うの人もネイティブレベルのことは望んでこないらしいです。

 

よく考えたら我々日本人だって、明らかに外国人だと分かる人が

一生懸命日本語で喋ってくれようとしていると、

なんとか汲み取ろうとしますよね?

 

そういった意識は万国共通らしいのです。 

 

文法なんか気にしなくても、とにかく単語を並べれば

なんとか意味を分かろうとしてくれるらしいので

文法より単語を覚える方が大事らしいです。

しかも中学で習うレベルの単語でいいとのこと。

 

それならなんとかできそうですが、ここで大きな落とし穴があります。

それは「発音」です。

 

どんなに知ってる単語を並べても発音が悪いと通じないそうです。

日本人には鬼門となる発音がたくさんあります。

例えば「s」と「th」や「L」と「R」

「B」と「V」の発音も意識しないと難しいですね。

 

それにローマ字に慣れてしまっていると、単語の読みも難しいです。

本当に小さい頃から、英語に楽しく親しんでおく必要があります。

kyouzai-j_ae079013.jpg

 

 楽しい絵が付いたカードで英単語が学べる教材です。

kyouzai-j_ae079013_1.jpg

 

カードを見ながら英単語を覚えたり

シルエットカードを使って、名前当てゲームもできます。

 

さらに何枚かカードを選んで、

選んだ絵のものが出てくる物語を考えるという遊び方もできます。

 

最近はテレビやyoutubeなどで、英語の専門番組もたくさんあるので

お子さんと一緒に観て、正しい発音を一緒に学んで

このカードを使ってさらに記憶に定着させるということを

してみてもいいかもしれません。

 

英語への苦手意識を、小さな頃から取り除いておきましょう♪

 

この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で購入する

 

この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で購入する

お気に入りの一冊になるといいな

さわやかな季節になりました。

お休みの日には家族で海や野山をおとずれ、自然の生き物と

出会ったり触れ合ったりする機会も多いのではないでしょうか。

 

普段のちょっとした時間に、お子さまと眺めていただける図鑑絵本の紹介です。

doubutsu2-a (1).gifのサムネール画像

はた こうしろうさんの作品で 身近な生き物をはじめ、クジラやペンギンなど

約170種類も描かれています。

doubutsu2-c (1).gifdoubutsu2-d (1).gif色とりどりにページいっぱい描かれた動物たちは私たちの好奇心をひきだします。

お子さまと一緒に、ぜひ手に取ってみてください。

 

この教材を ヤフーショップ店 教材自立共和国で見る

 


この教材を 楽天市場店 教材自立共和国で見る

 

 

季節や行事にあわせて つくれる教材

 

教材の中でも ねんど教材は子供たちに大変人気があります。

自由な形にできる手軽さと

こねる ちぎる 丸める ひっぱる

のばす くっつける など

指の力をつけたり 力加減を学ぶことができるといったメリットも大きいです。

そしてよく 指先を動かすと脳が活性化しますので

こどもだけでなく大人も使ってほしいです。

 

まったく同じ材料(ねんど・ランプは共通です。作り方のてびきのみ それぞれの品番になります)から ハロウインランタンやクリスマスランプになりますので

季節に合わせてつくれる工作教材です。

どれも7色に光るねんど芯材で とてもきれいな仕上がりです。

作った後は しっかり飾っておけますよ。

 

055837.jpg055837-1.jpgねんどでつくるハロウィンランタン 055837

 

071429.jpg071429-1.jpgねんどでつくるクリスマスランタン 071429

0036-1.jpg0036-2.jpgねんどでつくるアニマルランタン 071431

071428.jpg071428-1.jpgねんどでつくるオバケランタン 071428

 

それぞれに作り方付きなので 安心です。

 

作り方に沿って作ってもいいですし 創造力をいっぱい働かせて

オリジナルの世界にひとつを作ってください。

 

この教材をヤフーショップ店 教材自立共和国で見る

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

最新教材記事&動画
教材別作り方特集&動画
お支払いについて

クレジット決済・楽天ID決済・代金引換・銀行振込・楽天銀行決済・楽天Edy決済がご利用いただけます。

楽天ID決済

※楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも 「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。 お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

商品の返品・交換

返品・交換をご希望の方は、商品到着後3日以内にTELもしくはメールにてご連絡下さい。
なお、お届けした商品が万一ご注文と異なる場合や不良品をお届けした場合に限り承ります。

送料
地域 合計
6,000円未満
合計
6,000円以上
北海道・
沖縄・離島
1,300円 1,100円
東北 980円 無料
関東・中部・信越・北陸・東海 860円 無料
近畿・中国・四国・九州 780円
(香川県のみ:650円)
無料

代引手数料:
 合計金額30,000円未満:440円(税込)
 合計金額30,000円以上:550円(税込)

■教材自立共和国では 通常日本郵便ゆうパックにて商品をお届けしております。

■ゆうパック以外の送付 送料負担の軽減の観点より、お届けに 最もよりよい方法をお選びしてお送りします。 お荷物のサイズ・重量・お支払い方法や到着指定日時のないもの等 条件によりますが 追跡可能なメール便(¥250)に変更し お送りさせていただきます。

商品ご注文時に、送料の金額についてはこちらで変更いたします。

学校、施設・団体等で20個以上お買い求めの場合はメールで問い合わせいただくか、
もしくは0879-25-0118(松下)までご連絡ください。電話でのご注文→0879-25-0118 受付時間8:30〜19:00